メッセナゴヤ2016 開催結果

愛知万博の理念継承事業として2006年にスタートした「メッセナゴヤ」。

回を重ね、中部地域のビジネス展示会として多くの皆様に高い評価をいただいています。

開催結果報告書 全文ダウンロードはこちら(PDF)

開催結果

「メッセナゴヤ2016」は、おかげさまで過去最多となる1,409社・団体のご出展1,694小間、64,792名のご来場を得て盛況裡に終了いたしました。

出展規模

出展者数1,409社・団体、1,694小間、来場者数64,792名

来場者数

10月26日(水) 晴れ 15,804名
10月27日(木) 晴れ 17,765名
10月28日(金) 雨 18,504名
10月29日(土) 晴れ 12,719名
来場者数 合計 64,792名

写真:メッセナゴヤの会場風景

このページの先頭へ

出展者の概要

日本最大級の異業種交流展示会「メッセナゴヤ」では、製造業をはじめ、サービス、各種団体、情報通信など幅広い分野の中小企業にご出展をいただいております。

出展者は愛知県内だけでなく、全国・世界から集結。
開催規模、来場者数に対して、高い満足度を得ています。

2016年12月現在

出展者の特徴

グラフ:出展者の業種・企業規模

図:出展者の都道府県別出展者数、海外出展者数

出展目的は?(複数回答)

グラフ:出展者の出展の目的は

当展示会に対する評価

グラフ:来場者数についての評価

グラフ:出展結果についての評価

グラフ:商談について

グラフ:出展者との名刺交換

グラフ:来場者との名刺交換

グラフ:来場者との商談

グラフ:会期中、意思決定者の常駐

このページの先頭へ

来場者の概要

メッセナゴヤ実行委員会を構成する愛知県、名古屋市、名古屋商工会議所による広範な広告・宣伝活動や、出展者の皆様による「メッセナゴヤ」の周知協力によって、製造業をはじめ多種多様な業種から、過去最多の64,792名のご来場をいただきました。

また、来場者の約半数が役職者の方であり、より具体的な商談が行うことができるのも、「メッセナゴヤ」の特徴です。

2016年12月現在

来場者の特徴

グラフ:来場者の業種、年齢

グラフ:来場者の職種、役職

来場の成果

グラフ:来場目的(複数回答)

グラフ:来場の成果、商談について、感想、メッセナゴヤの長所(複数回答)

このページの先頭へ

【新企画】メッセ“マッチ&ミート”未来交流ステーション

会期中、交流センター1階 受付横にビジネス交流促進のための情報掲示板「未来交流ステーション」を設置。出展者・来場者が自ら求める技術・サービス・パートナー等の“買いたい”情報だけを掲示するスペースを設けました。

「製品をつくる上で○○部品が欲しい。」、「事業を展開していく上で○○してくれる連携先を探している。」といった80枚以上の情報が掲示され、それに応じる出展者等との間で活発な商談が行われました。

また、「出展者交流タイム」として、朝夕に出展者相互の交流促進のため当スペースを開放し、非常に多くの方にご利用いただきました。

写真:未来交流ステーション

図:メッセ“マッチ&ミート”未来交流ステーション ご利用の流れイメージ

10月27日(木)終日 意思決定・商談促進デー
交流・商談の意志決定を推進、迅速な取引の推進につなげます。
10月29日(土)終日 出展者交流促進デー
出展者の相互交流を進めて、出展効果を高めていただきます。

このページの先頭へ

【新企画】ミライ製品開発!メッセラボ

学生と出展企業が出会い、新たなモノづくりに向けチャレンジしていくための新企画「ミライ製品開発!メッセラボ」では、会期中、『感動を与える次世代家電』をテーマに、アイデアを具現化させたい学生と出展企業とを結びつけ、新しい製品を構想する“ワークショップ”を連日開催しました。

最終日には、来年のメッセナゴヤ2017でのプロトタイプ(試作品)の展示に向けた“製品構想プレゼンテーション”も実施し、多くの来場者に向けて製品案をお披露目させていただきました。

写真:メッセラボの風景

このページの先頭へ

大好評!出展企業サポートプログラム

メッセナゴヤでは、2009年より主に中小企業の出展者を対象とした、出展を確実な成果に結びつけていただくためのサポートプログラムを実施。

メッセナゴヤ2016では、下記の通り実施し好評を得ました。

通年 メッセくん倶楽部(全6回開催)

出展企業の“営業力強化”を目指す勉強会&情報交換会。全6回の講義では、「メッセナゴヤ流出展の極意」や「効果的なブースづくり」、「Webマーケティング」、「東京の展示会への視察」などを実施。

加えて、「立食懇親会」や出展者説明会(9月1日)後の「出展に向けた相談会」等、新たな取組みも行なってまいりました。

  • 実施日:6月2日、24日、7月26日、9月5日、10月5日、11月4日
  • 参加者:延べ284社・団体、347名

写真:メッセくん倶楽部の風景

出展前 個別専門相談

専門家による無料コンサルティングを実施。
メッセナゴヤを軸とした新規顧客の開拓手法や効果的な展示方法をご提案。

  • 実施時期
    • 名古屋開催:9月14〜16、28、29日
    • 東京開催:9月23日
    • 大阪開催:9月21日
  • 参加企業:30社・団体

写真:個別専門相談の風景

会期中 アライアンス・パートナー発掘市

商談の機会を事前調整して商取引や共同開発、業務提携など、アライアンス・パートナーを希望する企業・団体と、メッセナゴヤ会場内で商談。(事前調整型商談会)

  • 実施日:10月26〜29日
  • 場所:メッセナゴヤ2016会場内
  • 内容:メッセナゴヤ2016出展企業および名古屋商工会議所会員企業相互の事前調整型商談会
  • 参加企業:547社・団体
  • 商談実施件数:790件

写真:事前調整型商談会の風景

出展後 テレアポ実践講座

メッセナゴヤで集めた名刺をビジネスに結びつけるための実践講座。

  • 実施日:11月4日
    第6回メッセくん倶楽部内で開催
  • 参加者:34社・団体、38名

写真:テレアポ実践講座の風景

開催結果報告書 全文ダウンロードはこちら(PDF)

出展者一覧

資料請求 メッセナゴヤ2017出展に関する資料はこちらから

このページの先頭へ